読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下関マグロのぶらぶら散歩

下関マグロがぶらぶら街を歩きます

読めんでくれ攻撃

フリーライターという仕事をやっていると、
自分の書いた文章を読んでくれないかと頼まれることが、
たまにある。
実際、ライターなんかに読んでもらってもなんのメリットもない。
読んでもらうなら編集者だ。
たいていこう言って、断ろうとするんだけど、
まあ、いいからと、勝手に文章の束を送り付けてくる人もいる。

封筒に入っているプリントアウトした大量の紙。
いや、読まないつうか、読んでる暇ないし。

たいていそういうのは小説。1枚目を読むと、もう読む気がしなくなる。

そういう人に限って、どうですか、感想を教えてください、
と催促される。のらりくらりと答えていると、
もういい、送り返してくれと言われる。
そんなこと言われても勝手に送り付けてきたんだけどなぁ。
まあ、ほおっておくけど。

本を送ってくる人もいる。自著だ。
読むこともあれば、読まないこともある。

ちょっと困るのは、こういう本を刊行したので、
買って読んで、感想をきかせてくれというもの。
いちばんハードル高いね。