下関マグロのぶらぶら散歩

下関マグロがぶらぶら街を歩きます

今週も週刊大衆さんに妄想コメントであります。

11月28日号。表紙はさとう珠緒さんです。いいですねぇ。

というわけで、私がコメントさせていただいたのは、こちらのページ。

40代に女優さんについての妄想コメントであります。

いやぁ、昔の40代と今の40代ってずいぶん違いますよね。

いまは女優さんの主流が40代という感じですよ。

ってことで、機会があればぜひ読んでみてください。

 

 

 

はい、今週もね、週刊大衆さんに妄想コメントしてまっせ!

はい、週刊大衆さん11/21号ですね。

表紙は熊切あさ美さんですよ。

くーっ、いいかんじですね。

さて、コメントさせていただいたのはこちらの記事。

女優さんの濡れ場ですね。

とくに今回は前張りなしっていう女優さんを取り上げてまして、これがいいんですな。

ってことで、よかったら読んでみてください。

 

 

今週も『週刊大衆』さんにコメントしました!



はい、11月1日号ですね。ゆきぽよさんが表紙ですよ。ゆきぽよさんのインタビューも載っていますので、ぜひ読んでみてください。

ほんでもって、小生がコメントさせていただいた記事はこちら。

なんかねぇ、タイトルはすごいんですけど、実際は女優さんたちがこれまで出演したちょっとエロい映画についてあれこれ語っております。

今回の肩書は女優ウォッチャーであります。

この号、おもしろいので、みなさんもぜひ読んでみてください。

 

 

 



 

尻フェチを自認する女優ウォッチャー!

ども、女優ウォッチャーの下関マグロです。

今回も週刊大衆さんにコメントしました。前回、顔写真が入っていたわけですが、そのときG記者から、「これからは顔写真を入れていくので」と言われていたので、今回も顔写真が出るのかと思ったら、毎回ではなく、前回だけだったんですね。

10月31日号ですよ。表紙は森咲智美さんであります。

さて、コメントさせていただいたのはこちらの記事です。

今回は美尻特集でございます。

あたくしは、尻フェチを自認する女優ウォッチャーでございます。

よかったら手にとって見てください。

 

 

 

週刊大衆さん、今回は顔写真入りです。

はい、今週も週刊大衆さんに妄想コメントさせていただきましたが、なんと今回のコメントは顔写真入りなんですよ。

自分は90年代の後半くらいから週刊大衆さんにコメントしてきているのですが、顔写真が載るなんて初めてのことですよ。

9/26-10/3の合併号ですね。表紙は中島史恵さん。いいかんじじゃあ~りませんか。

はい、記事はこちらになりますよ。

女優さんやタレントさんの顔写真が出るのは当たり前なわけですが、なんとコメントしている人まで出ています。あ、記事は「日本最高BESTおっぱい100」であります。

けっこう気合が入った記事ですね。でもまあ、これまでと同じく、出演映画やドラマからの妄想が綴られております。

あ、そんなことよりもコメンテーターのみなさんがこちら。

私、下関マグロは「美女評論家、ライター」となっております。

他の方たちは

猥談家、映画監督の住倉カオスさん、

AV監督のカンパニー松尾さん、

ミュージシャンの掟ポルシェさんであります。

なんか、すごぉ。生まれた年が出ていますよ。

私が一番年長で1958年生まれ。若いのが住倉カオスさんの1970年生まれ。

それから掟ポルシェさんが、1968年生まれ。

カンパニー松尾さんは1965年生まれなんですね。

ってことで、記念すべきこの週刊大衆、ぜひ読んでみてください。

 

 

昔のドラマは良かったよねぇ、っていうお話。

さて、今週も『週刊大衆』にコメントいたしました。

9月12日号であります。表紙は橋本梨菜ちゃんです。

というわけで今回は、こちらの記事にコメントしました。

ドラマに登場した女優さんのお話です。

最近のドラマというよりもけっこう昔のドラマなんかを取り上げてます。

この手の記事でいちばん盛り上がるのは1993年にオンエアされた『悪魔のKiss』です。常盤貴子さんが脱いでいるんですよね。その他にもいろいろな女優さんの昔のドラマが登場しております。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

 

『アサヒ芸能』さんにコメントさせていただきました!

9月8日特大号でございます。西永彩奈さんが表紙ですね。いいかんじ。

そして、コメントさせていただいたのはこちらの記事。

肩起こしですね。3大熟女優ですね。高島礼子さん、かたせ梨乃さん、浅野ゆう子さん。いやいや、3大熟女優なんっすか。初めて聞きましたが、まあ、それは置いといて、どの女優さんも魅力的でございます。

もし興味がありましたら、読んでみてください。