下関マグロのぶらぶら散歩

下関マグロがぶらぶら街を歩きます

『週刊大衆』さんに妄想コメント!

https://www.instagram.com/p/Bh7v0d0FmId/

今回の『週刊大衆』さんは、ゴールデンウィーク合併号なんですね。

「芸能美女50人㊙SEX偏差値」という記事で妄想コメントさせていただいております。もちろん、この偏差値、編集部が勝手に決めているんですけどね。1位が長澤まさみ、2位が深田恭子、3位が石原さとみというかんじです。あくまで編集部の妄想。で、そこに僕の妄想コメント。もはや妄想でしかない記事ですね。

今回の肩書きは「美女優フェロモンアナリストでもあるエッセイスト」であります。もうなにがなんだか。

 

そんなことよりも今週の『週刊大衆』さんに、五反田の都々井という寿司店の復活記事が載ってて、驚きました。かつてガード下にあった人気寿司店が、ゴールデンウィーク明け、通称五反田ヒルズで復活するのだそです。

 

 

週刊大衆 2018年 5/14 号 [雑誌]

週刊大衆 2018年 5/14 号 [雑誌]

 

 

 

 

 

 

 

『散歩の達人』では、新馬場の「あおた」を訪問しました!

https://www.instagram.com/p/Bh2fqjTF457/

f:id:maguro1958:20180208132906j:plain

今月号より、町中華探検隊のページがリニュアル。お店とともに毎回あるメニューを取り上げる。今回は中華丼。

担当ライターは北尾トロ

チャーハンもおいしかった!

 

散歩の達人 2018年 05 月号 [雑誌]

散歩の達人 2018年 05 月号 [雑誌]

 

 

 

大正13年創業の「じゅらく」のナポリタン

駒草出版の杉山君と上野の「じゅらく」へ行った。

f:id:maguro1958:20180406130207j:plain

じゅらくは、1924年大正13年)に神田須田町で創業した須田町食堂が前身だ。

高見順が1939年(昭和14年)1月から翌年3月まで「文芸」誌に連載した小説『如何なる星の下に』も登場する。引用してみよう。

 

「広養軒といえは、前の聚楽……」
とバーテンは言うのだった。「須田町食堂の発展は大したもんですね」
各所にある「聚楽」という食堂は須田町食堂で経営していることは、私も知っていたが、
「 ── 今度、花屋敷を買うそうですね」
(「如何なる星の下に」(講談社文芸文庫)194~195ページ)

 

今もある「花屋敷」や「聚楽」の名前が出てくる。

 

杉山君が、「こんな昔からやっている店でも『昔なつかしのナポリタン』っていうメニュー名をつけるんですね」と言う。

 いや、以前は「創業大正十三年のナポリタン」というメニュー名で出していたが、きっとそんな時代にナポリタンはないというクレームがあったので、メニュー名を変えたのかもしれない。

 たしかに、ケチャップで炒めるナポリタンは、戦後、進駐軍からもたらされたのだけれど、メニュー名としては、戦前からナポリタンというスパゲティ料理の記録は存在する。たとえば、古川ロッパの1934年(昭和9年)の日記には三越ナポリタンを食べたというのが残っている。もちろんこれが、いまでいうところのナポリタンかどうかは不明だが、可能性がないわけではない。国産のトマトケチャップは横浜の清水屋が1903年明治36年)に製造販売を開始したという記録が残っているからだ。さらに有名なカゴメがトマトケチャップを製造販売を開始したのも1908年(明治41年)と、須田町食堂よりもずっと前のことになる。

f:id:maguro1958:20180406130738j:plain

というわけで、ナポリタンが到着。

f:id:maguro1958:20180406131541j:plain

炒め系ですが、麺は細め。おいしい。

しかし、こうしてナポリタンをいただけば、何気ない料理だと杉山君と話す。これで、税込み1058円。CP的にはどうだろう。上野の駅前の一等地にあるので、場所代というのも入っているのはわかるが、自分で作ったほうが圧倒的に安くつくというようなことを思った。

 ドリンクセットというのがあったので、それをお願いした。杉山君はナポリタンにはコーラが合うという。あー、たしかに僕も若いころは、そうだったような気がするが、社会人になってからはもっぱらコーヒーだったと思う。それは喫茶店でナポリタンを食べることが多く、コーヒーがおいしかったからだろうか。というわけで、この日も僕はコーヒーをお願いした。

f:id:maguro1958:20180406131748j:plain

 

じゅらく 上野駅前店

東京都台東区上野6-11-11

11:00~23:00

 

 

如何なる星の下に (講談社文芸文庫)

如何なる星の下に (講談社文芸文庫)

 

 

 

 

 

 

「dancyu」さんにで下町のお好み焼きの名店「美好」さんを取材させていただきました。

https://www.instagram.com/p/BhLi8Q3BXoR/

 

dancyu」の下町特集にお好み焼きについて書かせていただきました。

取材したのは曳舟にある「美好(みよし)」さん。東京流のお好み焼きを受け継いでいる。ちなみに、お好み焼きって東京が発祥なんですよ。

 

dancyu(ダンチュウ) 2018年5月号「美味下町。」

dancyu(ダンチュウ) 2018年5月号「美味下町。」

 

 

ご当地ラーメン特集で妄想ではなく、普通にコメントしております。

https://www.instagram.com/p/BhDVgzbB7cp/

町中華が街中華になっていますが、まあ、そんなことはどうでもいいですね。

ご当地ラーメン、あれこれコメントさせていただきました。

 

週刊大衆 2018年 4/16 号 [雑誌]

週刊大衆 2018年 4/16 号 [雑誌]

 

 

 

 

コラムニストの下関マグロが吠えています

https://www.instagram.com/p/BgdNHxxld0Q/

いつも奇抜な肩書きをつけてくれる週刊大衆さんだが、今回は普通にコラムニストだ。

しかも、今回は吠えている(笑)

記事は、「芸能美女、フリーおっぱい発情前線」というもの。なんだか春らしいね。

 

週刊大衆 2018年4月2日号[雑誌]

週刊大衆 2018年4月2日号[雑誌]

 

 

町中華探検隊、今月は池袋の「サン浜名」さんを取材しました。

 

散歩の達人 2018年 04 月号 [雑誌]

散歩の達人 2018年 04 月号 [雑誌]

 

 町中華探検隊、今月は池袋の「サン浜名」さんを取材しました。

 

取材風景はこんなかんじでした。

 

 

メニューが多い!

よかったら、見てくださいね、『散歩の達人』4月号。