読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下関マグロのぶらぶら散歩

下関マグロがぶらぶら街を歩きます

最初は怖かったWEB投稿

僕が最初に自分のホームページを作ったのは、
90年代の終わり頃だった。

とにかく怖かったという思い出がある。
雑誌の仕事なんかだと、世間に出る前にいろいろな人が
自分の原稿をチェックしてくれる。

ところが、自分が作るホームページは誰もチェックしてくれる人がいない。
自分がやらなくちゃいけない。
これは怖いなぁと思った。

誤字脱字もそうだし、間違ったこととか、
不適切なことを書いちゃう場合もあるかもしれないと思うと、
なかなか文章を書くことができなかった。

それが、少しずつ日記をアップするようになり、
ブログなども始めたころに、Twitterに出会ったわけだけれど、
これは、危険だと思った。

最初にネットを知った時の怖さのようなものを感じた。
手軽に投稿できるんだけど、それだけに怖い。

ということで、あたりさわりのないことをつぶやくことになるわけだけど、
でも、それだと、自分も楽しくないし、フォロワーの人たちも楽しくない。

どうすれば、うまくつぶやけるか、僕は北尾トロに聞くことにした