読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下関マグロのぶらぶら散歩

下関マグロがぶらぶら街を歩きます

困難を極めたきょうの「ぐるなびタッチ」

いつもそんなに苦労しないで、ポイントハンターをやっていると思われているかもしれないけれど、けっこうしんどい思いをすることもある。まあ、そういうことはまとめて書こうかと思ったけれど、きょうは、とにかく難航した。

まず、以前から

家の近くで、しかもぐるなびポイントが使えて、

2000ポイントキャンペーンをやっているお店をリサーチ。

良さげなお店を発見し、場所もチェック。

今度はそこへ行こうと決めていた店があったんだけど、

きょう行ったら、

ぐるなびポイント、契約を解除しちゃったんですよ」

と言われてしまった。ショック。たった今、検索したら、ちゃんとできるようなことになってんだけどなぁ。仕方ないので、またまた検索。

新宿三丁目駅方面にぐるなびポイントが使える店舗がたくさん入ったビルがあった。

で、とりあえず、その中のひとつに行くと

「ランチでは使えないんですよ」

とのこと。うーん、そうなのか。

もうひとつの店舗に行くと同じことを言われた。

わー、まいったなぁ。

そこには、もう一店舗あったんで、弱気になりながらチャレンジ。

そしたら、男性の店員さん

ぐるなびポイントですか? 使えますよ」

と満面の笑顔。やったぁ。席について、注文し、

「ところで、ぐるなびタッチはどこですか?」

と聞けば、店員の方、

「レジの横にありますよ」

と言うので、行ってみると、ない。

おかしいなと思ってたら、さっきのお兄さんが、

「あー、ごめんなさい。先月まであったんですけど、

やめちゃったんですよ。忘れてました、ごめんなさい」

と言われた。ぐるなびタッチって、お店にはあまりメリットないのかなぁ。

仕方ないか、また検索。次は伊勢丹会館のAENというお店。

きょう5店舗目だ。高級そうなお店。

ぐるなびタッチのいいところは、

ふだん来ないだろうというようなところにも来ちゃうところだね。

店内のお客さんは、ほとんどが年配の女性。

対する店員は若いイケメン男性。

というわけで、入口でぐるなびポイントが使えるか聞く。

「もちろん使えますよ」

と笑顔の店員。ホッ。

レジ横でぐるなびぃ〜タァッチ!

f:id:maguro1958:20130408184324j:plain

残念ながら2000ポイントは出なかった。

f:id:maguro1958:20130408184432j:plain

わっぱ飯御膳。おいしかったぁ。980円。

さて、ポイントで支払おうってレジに行ったら、

若いお兄さんが、

「これ、わからないんですよ」

と言いながら、別のお兄さんを呼んでいる。

やっぱりきょうは最後までスムーズには行かない。

でもまあ、なんとか支払いが完了。

ポイントで支払うと、お店の人も慣れてないのか、

なんかこう現金なんかとは違う空気が流れるね。

現金で払ったお客さんには

「ありがとうございました」

って反射的に言うんだけど、ポイントで支払うと無言だったりして、

こちらも店を出るタイミングがよくわからなかったりする。

まあ、とにかくきょうのランチは難航しました。

やっぱリンガーハットとか、ぐるなびタッチに慣れているチェーン店のほうがいいのかしらん。