読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下関マグロのぶらぶら散歩

下関マグロがぶらぶら街を歩きます

『散歩の達人』(2017年3月号)では小岩の五十番へうかがいました

散歩の達人 連載 町中華

https://www.instagram.com/p/BRIRxkRDcs7/

 

こちらはMCT活動で伺ったときのもの。2016年8月9日。暑い日だった。

手前に写っているのはMCT広報の吉岡さん。

で、取材にうかがったのは12月6日。

 

いつものように取材風景をごらんください。

今回の担当ライターは半澤則吉さん。帽子をかぶった人です。

メニューがいっぱい。しかし、ラーメン380円ってすごいね。

はい、これがラーメン。

ラーメン、いいビジュアルでしょ。

左が担当編集の久保さん、風邪をひいてマスクをしている山出カメラマン。

テーブルにもメニューがあります。

そして、パッと見ただけでは

なんなのかよくわからないお料理の数々。

 

 

 

料理名はぜひ、本誌でチェックしてみてください。

 

 

 

散歩の達人 2017年 03 月号 [雑誌]

散歩の達人 2017年 03 月号 [雑誌]

 

 

 

本当にありがたい週刊誌のコメント料

週刊大衆 週刊現代 妄想コメント

このところ、手元不如意でありまする。

町中華の活動もできるだけ必要最低限に抑えている。

先日、テレビの予備聞き取りみたいなんで、

「これまで、町中華にいくら使ったか」

というような質問をされた。行くときは、けっこう行ってて、でも、

一回あたりは千円以下かなねんて言っていたら

「それに交通費がかかるでしょ」と言われた。

そうだ、交通費を含めると、千円は超える。

しかも、油(あぶら)流しと称して、喫茶店へも行く。

合算するとけっこうな金額になる。

 

お金があるときは、さほど気にならなかった週刊誌のコメント料だが、

こう金がないと銀行口座にありがたさが染みる。

https://www.instagram.com/p/BQjXivfDjwX/

#週刊現代 #デパートメントh

少し前、『週刊現代』さんに、デパートメントHについてコメントさせてもらった。最近まったく行っていないのだけれど、コメント料がいただけるというので、必死にコメント。 

週刊現代 2017年 2/25 号 [雑誌]

週刊現代 2017年 2/25 号 [雑誌]

 

 さらに週刊大衆さんの妄想コメントも月に1回か2回あって、

これも本当にありがたい。

https://www.instagram.com/p/BRC2J01DK0N/

今回は、小嶋陽菜さん、白石麻衣さんについての妄想コメントをさせていただきました。

ありがとうございます。

 

週刊大衆 2017年 3/13 号 [雑誌]

週刊大衆 2017年 3/13 号 [雑誌]

 

 

えー、これに懲りず、記者の皆さん、

下関マグロにコメント取材よろしくお願いします。

 

『サンデー毎日』さんに原稿を書きました。

こんなところで原稿書きました サンデー毎日 町中華

https://www.instagram.com/p/BRCxv5UDGoD/

#サンデー毎日 #町中華探険隊

 

町中華について、サンデー毎日2017年3月5号に3ページほど北尾トロとともに書いてます。

原稿はトロとマグロの対談形式なんだけれど、これ実際に対談しているわけじゃなくて、Googleドキュメントで同時に書いていったんだよね。

こんな便利な時代がくるとは。

 

 

月刊『Will(ウィル)』での連載ももう5回目

こんなところで原稿書きました 連載 月刊WiLL

連載開始からすでに5回目になっています。

今回は、二・二六事件の現場を歩いてます。

https://www.instagram.com/p/BP4GhCdlJrr/

#月刊will #マグロが歩く

担当の方からはもう少し笑いを入れてくれと言われているのですが、さすがに二・ニ六事件なんで、あまりふざけられずに残念。

次号も二・ニ六事件の現場を歩くんだけど、次は笑いも入れていくよ。

月刊WiLL (ウィル) 2017年 3月号

月刊WiLL (ウィル) 2017年 3月号

 

 

性癖について妄想コメント

週刊大衆 取材されました 妄想コメント

https://www.instagram.com/p/BP3-9SwF8Si/

 TV美女「エッチな性癖」に妄想コメントさせていただきました。

今回の肩書はエッセイストですね。

日本語で言えば随筆家。

Wikipediaによれば、

随筆家(ずいひつか)とは、随筆を書く者である。随筆が本業の者もあるが、兼業の場合も多い。エッセイスト(essayist)とも呼ばれる。

だそうです。

その下に、随筆家一覧みたいなものがあって、いろんな人の名前が並んでいましたが、下関マグロの名前はありませんでした。

 

週刊大衆 2017年 2/13 号 [雑誌]

週刊大衆 2017年 2/13 号 [雑誌]

 

 

『散歩の達人』で町中華探検隊は稲荷町の福来軒を訪問しました

散歩の達人 連載

https://www.instagram.com/p/BPhE7qmhes-/

 

今回は、僕がたまに行く、家の近所にある町中華、『福来軒』さんを取材させていただきました。

取材したのは10月27日。すでに山出カメラマンが到着。

この垂れ幕が印象的。

イラストがご主人そっくり。

そして、創業75年の老舗ですね。

建物そのものもかなりユニーク。

こちらの売りが回鍋肉と四川麻婆豆腐

今回のメインカットは僕が回鍋肉を持っているカット。

山出カメラマンから指導を受ける。

 

どれを食べてもおいしいので、稲荷町近辺に来られたらぜひ!

 

 

散歩の達人 2017年 02 月号 [雑誌]

散歩の達人 2017年 02 月号 [雑誌]

 

 

 

トミタ栞さんに教えてもらった飛騨高山ラーメン

出演しました リーマンパスタ

https://www.instagram.com/p/BPbQ8gXB1Dj/

先日、『有吉ジャポン』のロケでご一緒だったトミタ栞さんから飛騨高山ラーメンの話を聞いた。ご実家が飛騨高山でラーメン店を営んでいらっしゃるそうだ。その特徴を聞けば、魚介系と鶏ガラのダブルスープで、細麺なんだとか。聞いているうちにイメージが膨らみ、めちゃくちゃ食べてみたくなった。

ロケが終わり、帰りの電車で飛騨高山ラーメンを検索してみると、寸胴のスープの中に醤油を入れて煮込むのだとか。これはますます食べてみたい。

 

ちなみにトミタさんのご実家のラーメン店のメニューは普通のラーメンと大盛りの二種類だけだったのが、二代目のお父様の代になって、餃子を追加したという。この情報をもとにお店を探し出したのだが、トミタ栞さんのwikiには、普通に店名が出てた。

 

SPIN(初回生産限定盤)(DVD付)

SPIN(初回生産限定盤)(DVD付)