読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下関マグロのぶらぶら散歩

下関マグロがぶらぶら街を歩きます

今年も妄想コメント、ほんまスンマセン!

https://www.instagram.com/p/BPWDeahB7oj/

 

#妄想コメント #週刊大衆

さっそく今年も妄想コメントさせていただきました。

週刊大衆さん、ありがとうございます。

アゲアゲ三大美女優の記事であります。

ほんま、すんません。

機会がありましたら、読んでみてください。

 

 

週刊大衆 2017年 1/30 号 [雑誌]

週刊大衆 2017年 1/30 号 [雑誌]

 

 

 

いやぁ、久住さん、すごいわ。

阿佐ヶ谷ロフトAで町中華のイベントがあったんだけど、なんちゅうか、ものすごくよかった。よかったポイントのほとんどは久住さんなんだけど、自ら画像を用意してくれて、お話をくださったわけだけど、そのすべてが面白かった。

 

写真は左から町中華探検隊、オトメ部の濱津和貴さん、あきやまみみこさん、増山かおりさん、僕、北尾トロ久住昌之さん。

 

僕もいくつかネタは用意していったけど、いやぁ、力不足。オトメ部のみなさんには、面白いものから出せと言っていたにもかかわらず、自分のネタは3つ用意したんだけど、いちばんおもしろくないもの1個だけの披露で終わってしまった。

 

それにしても出演者ながら、久住さんのお話や歌などお客さん同様に楽しませてもらった。しかし、それじゃダメじゃん、お前も頑張れよとも思った。

勉強になったなぁ。

とは言いつつ、僕もおかしな癖があって、

久住さんが画像とともに紹介されていた『冷やしハンバーそば』がめちゃくちゃ食べたくなり、頭から離れない。まずいとおっしゃっていたし、誰も食べたそうではなかったけれど、僕はがぜん食べたくなった。

探して、食べに行こうと、ネットで検索するも、見つからない。さすが久住さん、ネットにはない情報、ありがとうございました。

 

ところで、最後に久住さんが自分の年齢を「来年還暦ですよ」と言ってたので、反射的に年下だと思ったんだけど、なんと自分もそうだということにあとから気がついたよ。同い年なんだ。ひえー。

って、ことで上の写真、左の3人、同い年ですw

 

 

孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

 

 

 

 

音咲椿さんのWikipedia

音咲椿さんという漫画家さんをご存じだろうか。

僕はなぜかご縁があり、最近はこんなご著書も送っていただいた。

 

イケメン外国人たちとベッドで異文化交流した結果。

イケメン外国人たちとベッドで異文化交流した結果。

 

 

うわぁ、これは話題になりそう。って、ことで、検索してみたら、音咲さんの近影なども出てきた。

このところ検索されることが多いようで、これまでなかったWikipediaの項目もできていた。

音咲椿 - Wikipedia

僕も知っている情報を書こうと久しぶりにWikipediaにログイン。

加筆をさせていただいた。

それが、こちら。

パイ投げ倶楽部のDVD『女だらけのパイ投げ大会Vol14』、『油性マジックで女体に落書き Vol.2』に出演。

 って、ことで、

『女だらけのパイ投げ大会Vol.14』の音咲先生はこちら。

f:id:maguro1958:20170109103900j:plain

パイでどろどろになる前の音咲椿先生

 

そして、こちらが、

『油性マジックで女体に落書き Vol.2』

f:id:maguro1958:20170109104337j:plain

 落書きされた音咲先生。

 これって、お互いの体に描き合っているいるということもあって、

この落書きを描いたのは神無月ひろさん、音咲先生の落書きはリンク先で見てね。

 

 

 

 

町中華探検隊の新年会

年末年始、すっかり金欠で、町中華探検隊の新年会も欠席しようかとおもっていたのですが、なんとかわずかながら入金があったので、出かけることにしました。

場所は、早稲田の『五芳斉』さんです。早稲田通りを神楽坂方向へ歩くとあります。

 

f:id:maguro1958:20170107191202j:plain

以前、この近くに住んでいたことがあるのですが、一回も訪問したことがありませんでした。というのも、店の前までは行くのですが、どんな店かわからず、もう少し歩けば『龍朋』があるので、ついそちらへ行っていたのです。

 また、あんまり歩きたくない寒い日などはその手前にある『中華和』に行ってたな。

 

しかし、隊員が一昨年でしたか、行ってレポートしていて、これがいい感じだったので、新年会の会場にしたんですね。予約してくれた半澤くんに感謝。

f:id:maguro1958:20170107191216j:plain

一月八日土曜日の夜。早稲田駅周辺はイングレスは緑の8ポータルが大量。

それにつられて、早稲田通りから早大通りへ。キャプチャしてたので、少し遅れてしまった。

f:id:maguro1958:20170107191508j:plain

 ってことで、お料理。

f:id:maguro1958:20170107191502j:plain

 

f:id:maguro1958:20170107191505j:plain

 

そうそう、ここは豚汁が名物。中華とはいえ、半澤くんによれば、中華とはいえ、ご主人んに先立たれた未亡人中華だそうで、えてしてこういうスタイルでは、中華以外のものが名物になったりするわけだ。

f:id:maguro1958:20170107193556j:plain

 

でも、ちゃんとチャーハンもおいしい。

 

f:id:maguro1958:20170107204810j:plain

デザートのイチゴがおいしかった。

f:id:maguro1958:20170107211005j:plain

 

お酒も飲んで、これだけの料理。ひとり2500円でした。

びっくり!

 

まじで、おすすめ。ランチもいいよ。

 

それにしても皆さん忙しそう。

FMに出演すると先に出た北尾トロも半澤くんも忙しそうだ。

まだ、仕事始めをしていない自分。

なんとかしなきゃね。

 

■五芳斉

東京都新宿区榎町41

 

 

 

 

パイ投げ倶楽部のスマホ向けページを作りました!

もともとのパイ投げ倶楽部というサイトが検索するとGoogle先生から

ページがモバイル フレンドリーではありません。といわれてしまった。

どうすればいいのかわからないので、

スマホ向けにこんなサイトつくりました。

site-93443-5712-6831.strikingly.com

strikinglyさんで作ってみました。

 f:id:maguro1958:20170102154922j:plain

 


99pies

 

喫茶店のアルバイト

あまりにも稼ぎが少ないので、なにかバイトでもしなくちゃなと思っていた。
すると近所の喫茶店に昼間、ホールで働ける人という貼り紙がされていた。年齢や性別にはふれられていない。
お昼の時間、三時間だが自分に勤まるかどうか、悩みに悩み、喫茶店の人に、あの求人の貼り紙ですがと聞いてみた。
すると当然のように女性を求めているので、といわれた。
妻にその話をしたら、五十代以上の男は新たな仕事を探すのは難しいのだとか。そーゆーものなのか。

連載4回目は下谷七福神を歩きました。

月刊『Will』は今年の10月号から、“マグロが歩く”という連載をさせてもらっています。この連載、まだ4回目なんですが、すでにいろんなことが起きました。

まず11月号に載るはずだった連載第2回が諸般の事情で次号送りとなり、12月号に連載2回目が掲載されました。そのとき、担当者から焼き鳥で呑みながら、それまで2ページだった連載を4ページにしてはと言ってもらい、大喜びだったわけですが、なんと文字数指定が大幅に多過ぎ、自分でも書きながらページが倍になったのに原稿の量が4倍になったのはなぜだろうと思いながら書いてて、ゲラの段階で文字がかなりオーバーし、ゲラ出せない状態らしく、かなり削った文章をテキストで入れなおしたんですねぇ。

というわけで、今回、さほどのトラブルもなく、いや、文字が少しオーバーし、写真が一点使えなくなったけど、まあ、よしとして、来年も頑張ることを心に誓いました。

というわけで、今回は下谷七福神を歩いてます。

f:id:maguro1958:20161228085710j:plain

よかったら、読んでみてください。

 

月刊WiLL (ウィル) 2017年 2月号

月刊WiLL (ウィル) 2017年 2月号